自転車保険の選び方

保険というのは、自転車保険に限らず、各保険会社のサービスが多種多様なため、わかりづらく、どれが自分に適しているのかを探すことは容易ではありません。

そこで、最低限押さえておきたいポイントを理解しておくことで、少しでも自分に適した自転車保険を探せるようにできると思います。

自転車保険を選ぶときのポイント

①対人補償の十分性

各自転車保険には、それぞれ補償の限度額が定められていますが、自転車事故を起こすと時には何千万円もの補償をしなければならないので、目安としては1億円程度であれは十分といえるでしょう。

最近の判例では、相手が歩行者で、携帯を操作していたとか信号無視など自転車側の乗り方に過失がある場合は、かなり高額な賠償を命じられており、今後ますますこの傾向は強まるものと思われます。

②示談サービスの有無

特に裁判所や弁護士などが仲介してくれるサービスや、当該サービスが保険料に含まれているとなお良いでしょう。

示談交渉サービスには、任意保険基準と、弁護士基準とがあります。後者は、弁護士費用等補償という名目の、特約を付けることになり、これがあると、示談交渉は弁護士がやってくれて、その費用も補償されるため、とても強い味方になります。

最近ではいわゆる「当たり屋」とよばれる慰謝料や示談金目当てで故意に自転車にぶつかってくる人が増えているので、示談サービスの有無は非常に大切です。当たり屋は、自転車側が携帯をいじっていたとか過失がある状況に乗じて、当たってきては、示談金をつりあげるなど悪質な手口を使ってきますから、個人ではなかなか対応できないケースが多いのです。

死亡・後遺障害・入通院・手術などの補償はどれくらいか?

これは、自分がケガをした時のリスクに備えるもので、すべての事故に対して補償されます。自転車事故では、自分が加害者になったときの責任賠償以外にも、自分がケガをして入院したり、手術が必要となることもあります。

具体的な金額の目安としては、死亡・後遺障害で、300万円、入院日額で、3000円あたりでしょう。また、入院日額補償は5000円が基準と考えるといいでしょう。

保険会社により院保険金はかなり金額に違いがあることが多く、保険料と保険金のバランスも考慮し、チェックしていきたいところです。

高い保険料の支払いの割には、自分に不要なオプションに加入しているなど、細かく確認して検討していきましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク